去る2月26日(土)、京都ホテルオークラさんで「年年歳歳2018京都青年団体会議」を開催しました。

京都府内の14の青年経営団体で構成される「京都青年団体会議」。

各団体の代表者が定期的に開く「代表者会議」、そして1年に1度大々的に集まり会員同士のネットワーク作りを行ないます。

私は昨年から引き続き京都伝統産業青年会から2回目の出向の出向でした。

そしてこの大事業の副実行委員長にお声がけ頂きました。

本番までのたった半年間とは言え、こんなお役をもらうのは初めてでした。

(伝青で総務委員長はしていましたが、ちょっと毛色が違うし…)

 

どうやったら組織が団結するのか?

いい会議が出来るのか?

という組織に欠かせないことから始まって、

人との関わり方、頼み方、相談の仕方 …今更そこ?そいうことまで、様々なことが学べた事業でした。

実行委員会を開く度に周りの方に𠮟咤激励頂き、こんな大人になりたいという経営人の方に囲まれ、今年の実行委員会は最強だったと自負しています。

何より、私みたいな小娘(ってもう良い年ですが)を副実行委員長に据えてくれた清水実行委員長に感謝しかありません。

当日は去年のメンバーも集まってくれて、会場内に知り合いばかりで楽しかったです!

280名の参加者、ほとんどみんな社長や跡継ぎさん!こんな団体、全国探しても他にないんです、本当にすごいことだと思います。

当日の様子です。

 

 

 

 

 

最後は実行委員会の皆で!

終わってしばらくは「年年歳歳ロス」状態でした。

今回出来た友、先輩方とは青年部を卒業して親会に行ってもこの繋がりを大切にしていきたいです。